医療機関には電子カルテが欠かせない|効率アップ

外国人の日本への旅行

グラフ

旅行業界だけでなく、インバウンドは今や日本経済そのものを支える要となっています。インバウンドを海外から呼び込むためには、外国人観光客が過ごしやすい環境作りが大切だといえます。インバウンド向け商品を増やすなど工夫して、日本での滞在期間を楽しんでもらいましょう。

診療記録の電子化

女性

サーバー型とクラウド型

医療機関では診察予約システムや処方箋システム・レセプトコンピューターなど、コンピュータを使って多くの医療業務を効率化しています。カルテと呼ばれる診療記録の電子化はそうした定型業務に比べて比較的遅れており、現在でもベテラン医師を中心に手書きのカルテを扱っている例を多く見かけます。開業医として独立しクリニックを新規に開業する場合には、当初から電子カルテを導入した方がクリニック経営にも何かと有利なものです。電子カルテは診察予約システム等と連携が可能なため人件費の節約に役立ち、待ち時間の短縮や地域医療全体の中でのカルテ共有など、患者さんにとってもメリットが大きいと言えます。従来の手書き診療記録をコンピュータ入力方式に置き換えるだけで、カルテの活用範囲は大きく拡大されるものです。どのような種類の文書でも電子化されることで収納性や検索性の向上といったメリットが得られますが、その点では電子カルテも例外ではありません。一定期間の保管が求められるカルテが電子化されていない場合は収納棚が必要なため、地価の高い都市部でクリニックを開業する際には限られた敷地の有効活用にマイナスとなってしまいます。電子カルテならそうした収納棚が不要となるだけでなく、キーワード検索で必要なカルテを迅速に探し出すこともできるのです。電子カルテには診療記録データを保管・管理する方法の違いによって、サーバー型とクラウド型の2種類があります。クリニックにサーバーを導入して院内ネットワークだけで利用するサーバー型の電子カルテは、規模の大きい医療機関を中心に採用されています。インターネットを通じてサービスを利用できるクラウド型電子カルテは導入コストが安いことから、小規模のクリニックに向いたシステムです。特にクラウド型電子カルテはスマートフォンやタブレットを使って外出先でも利用が可能なため、在宅医療の現場でも多く使われています。

低資金で商売を始められる

店舗

心斎橋で貸店舗を利用すれば、自分で土地を探さなくても人気エリアで商売を始めることができるうえ、少ない資金で開業できてリスクも減らせます。さらに、連棟式貸店舗や住居付き貸店舗など、目的に応じて好きなタイプの店舗を選んで借りられるというメリットもあります。

開業する人の味方

治療

ジャパン柔道整復師会が、これから整骨院の開業を考えている人に注目されています。その理由が療養費請求を代行してくれたり、レセプト作成システムの存在です。開業仕立ては何かと大変です。そのサポートをしてくれることで注目されているようです。